仲介手数料無料のしくみ

スペシャルコンテンツ

仲介手数料無料のしくみ

お客様に仲介手数料が無料になることをお伝えすると、「ホントにすべて無料になるの?なにか怪しい…」「どうして経営が成り立つの?」などと聞かれます。そもそも仲介手数料とは物件価格(税抜)の3.24%+6.48万円を上限に、宅地建物取引業法上、不動産仲介会社が買主と売主のそれぞれからいただく報酬のことです。不動産仲介会社はその仲介手数料を収入源として成り立っているのです。

不動産仲介会社が1社の場合 リビンは買主さまから仲介手数料をいただきません!

不動産仲介会社が1社の場合の仲介手数料

例えば、不動産(土地や住宅など)を購入する時、買主であるお客様と売主、その間に不動産仲介会社が入っているとします。不動産仲介会社はこの場合、買主であるお客様から当然のように仲介手数料をいただきます。そして、実はさらに売主からも仲介手数料を受け取っているのです。つまり、一般的な不動産仲介会社は、買主と売主の間に1社しか不動産仲介会社が入らない場合、買主と売主の両方から仲介手数料をいただいているのです。しかし、リビンでは、一般的な不動産仲介会社が買主であるお客様からいただいている仲介手数料をできるだけ還元したいと考えました。ですから、リビンでは売主からのみ仲介手数料いただき、買主であるお客様からは一切いただきません。このケースの多くは、物件の売主が不動産会社や建設会社などの宅建業者の場合に当たります

主な該当物件
新築戸建のほとんど、中古戸建の一部、中古マンションや土地の半数ほど

不動産仲介会社が2社の場合 リビンは通常の手数料の半額で仲介させていただきます!

不動産仲介会社が2社の場合の仲介手数料

例えば、不動産(土地や住宅など)を購入する時、買主であるお客様だけでなく売主にも不動産仲介会社が入っているとします。この場合、リビンでは仲介手数料を半額いただきます。それは買主と売主の間に2社以上不動産仲介会社が入る場合、それぞれが買主か売主の一方からしか仲介手数料をいただけないからです。当たり前のお話ですが、仲介手数料をいただけないと不動産仲介会社の収入は“ゼロ”になります。結果、リビンでは仲介手数料の半額をお客様に還元し、残りを最低限の経費としていただくことにしました。このケースの多くは、物件の売主が宅建業者ではない個人の場合に当たります。

主な該当物件
中古戸建の多く、中古マンションや土地の半数ほど

リビンの経営努力をグラフで簡単にまとめてみました。
徹底的な経費削減によって実現する、仲介手数料還元術をご覧ください!

structure_uchiwake_ttl

  • structure_uchiwake_ippan
  • structure_uchiwake_livin

リビンはどの不動産会社よりも早く仲介手数料無料サービスを実施しました。また、創業より一貫して、その他の手数料も一切いただいておりません。最近では仲介手数料無料を謳っていても、「住宅ローン事務代行手数料」や「契約事務手数料」といった名目で、数十万円以上を請求する不動産会社があると聞きます。しかし、リビンは違います。ご住宅探しを始めたばかりのお客様でも安心してお問い合わせいただける不動産会社を目指しています。

  • 不動産購入でお困りの方に!無料相談無料見積り
  • 仲介手数料無料になるの?30分超スピード査定
  • Livin's eye
店舗のご案内 杉並店がオープンしました!お気軽にご来店ください!
練馬本店のご案内
杉並店のご案内
ページの先頭へ
リビン株式会社
フリーダイヤル 0120-009-808
仲介手数料無料の不動産売買 東京全域