2015.03.24住宅事情・用途 , 和光市

和光市の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

和光駅は南口が整った新しい環境、北口は少し田舎の雰囲気を持ったゆったりとした環境といえると思います。
通勤などで電車の利便性を考える方には始発駅として非常に人気が高いです。
東京への玄関というイメージでしょうか。
買い物はイトーヨーカドーを始め駅周辺に広がっています。
志木駅、朝霞駅、朝霞台駅と比べると駅周辺は多少利便性は劣ります。
ただそれが逆にゆったりとした雰囲気を出していると思います。

住環境や相場など

住環境としてはマンションはあまり件数がなく、戸建が多いイメージです。まだまだ土地があり、駅10分以内でも大きな開発が行われています。
ただ坂の多いエリアになりますので、そのあたりは実際にご覧になられることをお勧めします。
価格帯としては10分以内は4,000万円中盤~5,000万円前後、駅徒歩15分以内の戸建が4,000万円~4,500万円前後、15分以上またはバス便の戸建ですと3,000万円中盤から後半のイメージとなります。

おわりに

和光市は練馬区と板橋区の隣接地です。つまり練馬区や板橋区で探していたけど、実際はもう少し予算を下げたい、具体的に言うと3,000万円台中盤までの予算で新築戸建を購入したい方たちが購入するエリアです。
さすがに23区との隣接地なだけあって、商業施設も発達していますし、区画整理もされており、住環境は抜群です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加