2015.02.09墨田区 , 駅・商店街・イベント

もしも墨田区に新築一戸建てを購入したら【駅・商店街・イベント情報】

local-information-of-sumida-ku
隅田川・荒川・中川を擁し、下町情緒を色濃く残す墨田区は、東京スカイツリーの完成に伴い、観光エリアとしてもますます注目度が高まっている地域です。
区内に工場が集中していることもあり、約23万人の居住人口に対し、昼間人口は26万人程にまで増加します。また墨田区で行われる隅田川花火大会や両国国技館の大相撲などは、日本文化の継承においても全国的に重要とされる行事です。
今回は、都市として近年著しい成長を見せる、墨田区の特徴や名所についてご紹介します。

便利な駅がたくさん、都心へのアクセスも便利

shopping-spot-around-station墨田区の主要な駅としては、東京メトロ半蔵門線・都営浅草線・東武伊勢崎線・京成押上線が乗り入れる押上駅のほか、錦糸町駅、両国駅、曳舟駅などが挙げられます。その他、話題のとうきょうスカイツリー駅もあり、都心へのアクセスが便利です。
錦糸町駅周辺には特に大型商業施設が多く、休日のショッピングなどにも最適です。さまざまなショップが入っている駅ビル「テルミナ」のほか、映画館を備えている「オリナス」やファミリー向けの店舗も充実した「アルカキット錦糸町」、そして「丸井」があります。
他の駅にも暮らしに欠かせない大型スーパーが建っており、曳舟駅周辺には「イトーヨーカドー」、また両国駅周辺には「サミットストア」や「マルエツ」などがあります。食品や日用品の調達にも困ることはなく、住みやすさも文句なしです。
区内には昔ながらの商店街も数多く残り、新しいショッピング施設だけでなく、下町の良さもしっかりと根付いています。

夏の風物詩「隅田川花火大会」の開催地

墨田区で開催されるイベントと言えば、何よりもまず東京三大花火大会の1つである「隅田川花火大会」が挙げられます。
日本で最も混み合う花火大会とも言われるこのイベントは、毎年テレビでも中継が行われるほど人気です。約20,000発の花火が打ち上がる様はまさに圧巻で、近隣に住んでいる方にとっては毎夏の楽しみとなっています。
また、同じく隅田川で行われる「レガッタ大会」も夏の風物詩として有名です。ボートのスピードや迫力を間近で味わうことができ、選手の逞しさに心を打たれます。春には「早慶レガッタ」も行われ、同じくたくさんの人々が観戦に訪れます。

日本の名所とも言える「東京スカイツリー」のお膝元

外国人観光客が多く訪れ、桜の名所としても有名な墨田区には、さまざまな名所があります
2012年に完成したばかりの東京スカイツリーは、世界一の高さを誇る自立式電波塔として、既に日本でも有数の観光スポットとなりました。この東京スカイツリーの裾野には「東京ソラマチ」と呼ばれるショッピング施設もあり、レストランやファッションフロアのほか、地域限定グッズを取りそろえた観光地らしい土産物屋が集結しています。
そして日本の伝統文化の象徴とも言うべき、両国国技館も忘れてはなりません。特に年明けの大相撲初場所の時期は、毎年大変な盛り上がりを見せます。この両国国技館は2020年に開催される東京オリンピックの競技会場にも指定されているため、今後観光スポットとしてさらなる注目を集めるでしょう。

おわりに

下町らしいレトロさと都会的な新しさを兼ね備えた地域、墨田区の周辺情報についてご紹介しました。
新旧の観光地を擁し、華やかな雰囲気を持ちながら下町ならではの温かみも残る墨田区には、近年再開発が進んだエリアも多く存在します。
都心へ勤務する共働きの夫婦や子育て中の方など、世帯の形態に関わらず、暮らしやすさは抜群です。新たな生活拠点をお探しの方は、散策がてらぜひ一度、墨田区に訪れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加