2015.04.06世田谷区 , 住宅事情・用途

世田谷区の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

東京都23区の南西部に位置し、面積は大田区に次ぐ2番目の広さです。神奈川県と接する南側には多摩川が流れ、東は目黒区や渋谷区、北は杉並区や三鷹市、西は狛江市、調布市、南は大田区に接しています。区内には高級住宅地として知られる成城や、劇場が数多く存在し、演劇活動が活発な下北沢、商業地区として多くの人で賑わう三軒茶屋、二子玉川など閑静な住宅街としてだけでなく、場所によって様々な雰囲気をも併せ持っている区になります。
人口は23区でナンバーワンですが、人口密度は13番目で、ゆとりある住環境があり
都心へのアクセスが良いのが人気の秘密の様です。

人気エリア1 成城学園エリア

都内屈指の高級住宅街で、駅南側が成城1丁目から成城3丁目で駅北側が成城4丁目から成城9丁目にあたる。
なかでも6丁目がもっともステータスが高いと言われていて、桜並木・銀杏並木が街並みの美しさを作っています。
道路も碁盤の目のように整備されているところが多く、豪邸と呼ぶに相応しい大きなお宅が数多く建っています。

人気エリア2 三軒茶屋エリア

渋谷に近く、芸能人が住んでいたり、遊びに来ることで「オシャレな町」として語られることが多いが、駅前のエコー仲見世商店街やすずらん通りなど、レトロで下町の景色が色濃く残っています。
そのため、間口が狭く古い街並みが残っていてどうしても、家同士が密集した
エリアになってしまいます。

人気エリア3 二子玉川エリア

渋谷から田園都市線で11分、二子玉川はニコタマの愛称で知られる街。駅の改札から西口に出ると、目の前に国道246号が走り、左を見れば駅から見えるほどの近さに多摩川を渡る橋が見えます。右に行けばすぐ環八で、東名高速や第三京浜の東京インターもすぐ近く。都心へも、郊外へも、電車でも、車でも便利なのが、この街の特徴です。
窮屈な感じが嫌な方のはオススメの地域と言えます。

人気エリア4 千歳烏山エリア

世田谷区で一番リーズナブルな物件があり、それでいて交通アクセスなどを犠牲しない、そんな絶妙なエリアです。京王線急行で新宿まで15分。快速、通勤快速なども停車する駅なので、都心へのアクセスの便利さは沿線でもトップクラス。明大前で乗り換えれば渋谷へも20分ちょっとです。
日本ではじめて「スタンプ制度」を取り入れたことで有名な商店街「えるもーる烏山」もあり、大型スーパーとの併用も出来て日常の買い物にはとても便利です。
近年では数多くの大型マンションが続々と誕生しましたが、一つ特徴として戸建もマンションも駅から一定の距離がある物件が多くなります。

おわりに

23区一番人気の住宅地世田谷区。もちろんそれなりに高額帯にはなりますが、2層エリアやロッドが大きいエリアが多く、高級住宅地としての地位を欲しいままにしています。
場所によっては6,000万円~7,000万円で新築戸建が購入出来るエリアもありますので、世田谷区でご住宅をお探しの際は是非リビンにご用命下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加