2015.03.23大田区 , 駅・商店街・イベント

もしも大田区に新築一戸建てを購入したら【駅・商店街・イベント情報】

local-information-of-ota-ku
空の玄関口、羽田空港を要する大田区では、東京湾の埋め立てによる面積拡大に伴い、あらゆる事業が発展を遂げました。現在でも川崎市・横浜市と共に京浜工業地帯の中核を担っており、日本が誇る最先端技術が結集したエリアであると言えます。
その一方で、居住人口は23区内で第3位の約70万人を誇り、区内には田園調布などの落ち着いた高級住宅街や、住みたい街ランキングにも名を連ねる蒲田があります。また、面積は23区の中で最も広く、さらなる発展の可能性を秘めたスポットも多数存在するなど、今後の成長に大きな期待がもてる地域です。
今回は、住み心地が良く子どもにも優しい、大田区の特徴や魅力、観光スポットについてご紹介します。

あらゆる側面を併せ持つ地域、暮らしやすさは抜群

shopping-street-around-station大田区の主要駅としては、それぞれ3路線が通る蒲田駅や多摩川駅、高級住宅地のイメージが強い田園調布駅、東京工業大学のキャンパスに近い大岡山駅などが挙げられます。また、各駅周辺には大型のショッピングモールから個人商店に至るまで、幅広いタイプのお店が建ち並んでいます。
区内に150以上もの商店街があることも大田区の特徴です。特に食料品専門店に関しては、店舗数、販売額ともに23区内で見ても突出して多く、このような点からも地域に密着した大田区の魅力が垣間見えます。

子どもと参加できるイベント、子どもに見せたいイベントが多数

大田区内の最大級のイベントとして挙げられるのが「OTA(おおた)ふれあいフェスタ」です。平和島競艇場・平和島公園・平和の森公園・大森ふるさとの浜辺公園を会場に、さまざまなイベントや物品販売、模擬店の出店などが行われています。区民の一体感を高めるという目的で毎年秋(10月もしくは11月)に開催されており、来場者数の合計が例年20万人を超える大変な賑わいを見せています。大田区民であれば、ぜひ参加したいイベントです。
また、大森の地におよそ680年前から伝わる伝統的な祭り「水止舞祭(ししまいまつり)」も注目すべきイベントのひとつです。「水止舞祭」は、水害に悩まされた昔の人々が雨が止むよう祈願したことに由来する伝統行事で、厳正寺にて行われます。藁で作った龍に男性2人が入って獅子舞行列の先頭に立ち、転がされたり水をかけられたりしながらも法螺貝を吹き続ける様子は、東京都無形民俗文化財にも指定されています。都会ではなかなか目にすることのできない日本の伝統文化に触れ、歴史を学ぶことができる、由緒正しい祭りです。

歴史を感じる史跡、最新観光スポットの両方を楽しめる

大田区には史跡が多く存在し、歴史の教科書ではおなじみの大森貝塚を始めとして、亀甲山古墳、宝来山古墳、鵜木大塚古墳など、複数の古墳も見られます。
また、神社や仏閣なども多く、特に日蓮宗の大本山である池上本門寺は、毎年初詣や節分の豆まきイベントになると多くの参拝客が訪れる名所です。
近年大幅なリニューアルも遂げた羽田空港も見逃せないスポットのひとつです。飛行機を利用する方だけでなく、展望デッキに夜景を見にくる方、空港限定のお菓子やグッズといったお土産を求めてやってくる方など、さまざまな目的でたくさんの人が集まります。
その他、自然豊かな公園が数多くある点も大田区の魅力です。平和の森公園、大森ふるさとの浜辺公園、洗足池公園など、休日の散歩コースや子どもの遊び場としてぴったりの公園が区内各地にあります。

おわりに

住みやすさと成長力を兼ね備えた地域、大田区の周辺情報についてご紹介しました。
大田区は、日本の最先端を行く工業地帯や国際化が急速に進む羽田空港など、国内でも特に注目を集めるスポットを擁する一方で、多くの人の暮らしの拠点となっています。さまざまな様相を見せる人気の高いエリアに、あなたも住んでみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加