2015.04.12住宅事情・用途 , 新座市

新座市の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

新座市(にいざし)は、埼玉県南部にある人口約16万2千人の市。東京都特別区部への通勤率は33.0%(平成22年国勢調査)。1970年に市制施行、近年急速に発展した。ベッドタウンとして住宅開発が進む一方、出版・物流業を中心に工場・倉庫なども多く見られます。
練馬区と隣接している好立地にも係らず、住宅相場は新築戸建が2,000万円~3,500万円で買えるので人気があります。

人気エリア1 新座駅前エリア

国道254号線を挟んだ野火止は住宅地として整備されており人気があります。もちろん商業施設も充実しておりますので、住環境としては理想的です。用途としては2階建が多く、戸建相場も3,500万円から4,000万円くらいでしょうか。通勤や通学に武蔵野線を利用している方が多く購入しています。

人気エリア2 ひばりヶ丘駅エリア

西武池袋線の急行停車駅「ひばりヶ丘」駅に徒歩至近のエリア、新堀があります。こちらは3階建に適した用途地域の為、土地のサイズを抑えて3階建の戸建で考えれば比較的安価に新築戸建を手に入れることが出来ます。栗原も駅からは10分前後ですが似たような感じです。
2階建のエリアですと、徒歩10分ちょっとのところに小山があり、こちらは黒目川の桜並木近くの素晴らしい住環境です。

人気エリア3 東久留米駅エリア

西武池袋線「東久留米」駅を利用出来、徒歩では15分~20分、もしくはバス便エリアで新堀、西堀、石神があります。住宅地として年々開発が進んでいるエリアです。水道道路沿いには飲食店や商業施設などが最低限は揃っています。

人気エリア4 大泉学園エリア

こちらは「大泉学園」駅バス便エリアで非常に人気の高い大泉学園町に隣接している栄、池田があります。特に栄は碁盤の目のように整然とした宅地である大泉学園町6丁目から続いた街並みで、3階建に適した用途(この特徴は風致地区が多い大泉学園町にはありません。)なので、新築戸建の価格が2,000万円後半から3,500万円程度が相場となっています。

おわりに

新座市は練馬区隣接の住宅地として、相場も低いので住環境と価格を併せて考えた時に非常に人気のエリアとなっています。
今後大江戸線の延伸の話しもあり、それが武蔵野線「新座」駅とアクセスするようなプロジェクトとなれば、更に都心へのアクセスが向上して、資産価値も上がっていくものと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加