2015.01.23住宅事情・用途

練馬区の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

練馬区は23区の中でも非常に人気のある住宅地の一つです。
その理由としては、23区の中では【価格がお求めやすい低層の住宅地だから】です。

区内の第1種低層住居専用地域の多くは建ぺい率50%、容積率100%です。つまりは2階建てに適したエリアで、お庭先や駐車場スペースもある程度確保出来るのです。もちろん地型(じがた)や周辺の建物の形状にもよりますが、日当たりや通風も良いでしょう。

また、閑静な住宅街が多いので、お子様を育てる環境としても良好と言えます。

ただし、各沿線の駅前はもちろんですが、目白通りや環七、環八などの主要幹線道路沿いは用途制限も緩いので商業施設をはじめ、3階建ての住宅やマンションも建ちますので、便利な反面住宅環境としては前述の第1種低層住居専用地域と比較すれば悪くなります。

人気のエリア

続いて住宅地として人気のエリアのご紹介ですが、

石神井公園駅周辺…駅前の商業施設は大規模なものはなく、商店街がある程度です。人気の理由は石神井公園が近いこと、そして西武池袋線の急行停車駅なので、池袋をはじめ都心部へのアクセスが抜群なことです。光和小学校の評判が良く、人気となっています。駅まで徒歩10分以内の土地は坪単価120万円~180万円程度が相場となっています。

光が丘駅周辺…こちらも石神井公園駅同様大きな商業施設などは駅前にありません。人気の理由は光が丘公園が近いこと、現在大江戸線の始発駅として通勤・通学に便利ということです。田柄や旭町1丁目住所は特に人気があります。
駅まで徒歩10分以内の土地相場はやはり坪単価120万円~180万円くらいです。

大泉学園駅周辺…学園都市として発展を遂げた大泉学園はまだまだ畑や生産緑地も点在し、低層住宅の多くが30坪以上の大きさを持つ人気の住宅地です。また大泉学園駅は、一日の乗降客数が約8万人にのぼり、路線バスの発着数が一日千便を超える交通拠点です。駅からは少し離れますが、SEIYU系の大型商業施設「リヴィンオズ大泉店」があります。
駅10分以内の土地相場はやはり120万円~180万円くらいです。

練馬駅周辺…大江戸線、西武池袋線の駅で都心部までのアクセスが良好です。また、駅周辺は飲食店も多く、比較的賑やかです。
隣の駅になりますが豊島園駅周辺もアクセスと言うより環境面で人気があります。

江古田駅周辺…全国的にも有名な商店街があり、駅周辺に所在する武蔵大学、日本大学藝術学部、武蔵野音楽大学の影響で学生の街としても発展しています。

有楽町沿線の駅周辺…氷川台、平和台などの有楽町沿線駅周辺は商業施設の充実というよりも、都心へのアクセスの良い住宅地として発達しています。相場は前述の西武線沿線のエリアよりも高めです。

そして大泉学園町、西大泉、土支田、大泉町などの駅までの距離が遠いエリアの相場は坪単価80万円~100万円程度で、建物込の総額が3,500万円前後の建売住宅を実現しています。
今後大江戸線の延伸計画により、これらのエリアも道路や公園、商業施設などの整備や出店が進み、利便性が向上し、土地相場が上がることが考えられます。

おわりに

総括すると練馬区は23区内で都心までのアクセスも埼玉県や千葉に住むよりも便利で、緑も多く、2階建てのエリアも多いことから住環境が抜群で、価格面でお求め易いエリアです。建売の価格は4,000万円~5,000万円前半が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加