2015.04.07住宅事情・用途 , 武蔵野市

武蔵野市の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

住宅事情 相場

常に、住みたい街ランキングの上位を占める吉祥寺がある武蔵野市は、東京23区から多摩地域への玄関口にあたり、人口は約14万人あります。
その中心となるのが吉祥寺駅です。
南口に井の頭公園、北口に商店街、デパートなどがあるため、駅から徒歩圏の物件は希少。徒歩10分圏内では皆無といっても良いほどです。また、吉祥寺駅を最寄としていても、駅に近い場所はすでに住宅地として開発されているので、新しく建つとすると、駅から離れた遠い場所ということが多いです。バス便利用で三鷹市であったり、練馬区であったりというケースも多々あります。
中古マンション相場は当然ながら、人気を反映して周辺よりも高めです。中古物件数は少なく、駅から10分圏は古い建物が多いため、専有面積が50㎡程度の狭い物件も多いです。また、商業地域内なので、便利ではあるけれど、日当たりなどの居住環境はいまひとつ望むことは難しいです。小さなお子様のいる家庭でしたら、駅からは多少遠くなっても居住環境の良いエリアをおススメ致します。
一戸建の場合はさらに遠くなり武蔵野市内でなく、調布市深大寺、南町、練馬区立野町、練馬区関町なんてこともあります。歩いて20分、あるいはバス便などという立地でも新築で4,000万円以上は必要になりなす。
生活上の安全や環境に対する自治体・地域の数々の取組み(防犯・お子様の安全・環境維持浄化・防災等)が昨今特に高く評価されており、まちの利便性と快適さが調和した生活先進都市と呼ぶにふさわしいエリアです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加