2015.09.04武蔵村山市 , 駅・商店街・イベント

もしも武蔵村山市に新築一戸建てを購入したら【駅・商店街・イベント情報】

build-new-house-in-musashimurayama
武蔵村山市は立川市や東大和市、狭山丘陵を挟んだ所沢市など5つの自治体と隣接しています。人口は約7万2,000人で、都内では比較的面積が小さい自治体です。武蔵村山市にある狭山丘陵や多摩湖、狭山湖は市の豊かな自然を象徴しています。また、市内にある都立野山北・六道山公園や市立野山北公園は市民の方に親しまれている人気のスポットです。ここでは、武蔵村山市の主要駅や主な商業地、地域イベント情報についてご紹介します。

武蔵村山市の主要駅と主な商業地

tama-city-monorail武蔵村山市には鉄道が走っていないため、立川市と東大和市にある玉川上水駅や立川市にある武蔵砂川駅を使用します。また、多摩都市モノレール線の桜街道駅や上北台駅なども主要駅です。
市内には、西武バスや都営バス、立川バスなどの路線バスが走っており、武蔵村山市内循環バスは鉄道やモノレールの駅と連絡しているため、多くの方が利用しています。
玉川上水駅は、西武拝島線と多摩都市モノレール線が乗り入れる接続駅であり立川駅に約10分で行くことが可能です。
また、西武拝島線の武蔵砂川駅周辺には、大型ショッピングモールがあります。飲食店や衣料品店、映画館などが入っているため、市外からも大勢の買い物客が訪れています。武蔵砂川駅から高田馬場駅までの所要時間は約45分です。1時間程度で都心部へ出ることができます。

武蔵村山市のお祭りとイベントの情報

武蔵村山市では年間を通して、伝統的なお祭りやスポーツ大会など数多くのイベントを開催しています。
毎年8月には、野山北公園運動場で「観光納涼花火大会」が開催され、約2,000発もの花火が打ち上げられます。会場内では模擬店や盆踊り、生バンドの演奏などが行われるため、幅広い年代の方が楽しめるでしょう。
また、10月から11月にかけては「村山デエダラまつり」が開催されます。これは、武蔵村山市に昔から伝わる「デエダラボッチ(大多羅法師)」という巨人伝説にちなんだお祭りです。期間中は「デエダラボッチ」を題材とした山車が夜間運行し、地元住民が制作した数多くの「ふるさと山車」や、太鼓の演奏、お囃子などが披露されます。
武蔵村山市内各所にはミカンやブドウ、梨、リンゴなどの果樹園が点在しており、11月初旬頃には狭山丘陵の南斜面にある農園で、ミカン狩りを楽しむことが可能です。
12月には「武蔵村山市民駅伝競走大会」が開催され、毎年大勢の参加者でにぎわっています。

武蔵村山市の有名な名所や史跡

武蔵村山市には、巨人デエダラボッチにまつわる「大多羅法師の井戸」という有名な名所があります。デエダラボッチが藤づるで丸山を背負い歩いた足跡が井戸になったなどの伝説が残されており、この伝説にまつわるお祭りが毎年開催されています。
武蔵村山市の史跡の1つである「龍華山清浄光院眞福寺」は、奈良時代に行基によって創建されました。落雷によって一度焼失したと伝えられ、その後龍性法師によって中興したとされています。本堂の十六羅漢画や格天井花鳥画は市指定有形文化財です。山門にも、市指定有形文化財の梵鐘が収められており、歴史を感じることができます。
また、武蔵村山市は自然豊かな街で、「野山北・六道山公園」や「野山北公園」など緑を楽しめるスポットが数多く存在します。さらに市内には「かたくりの湯」という地下1,500mより汲み上げられた天然温泉の公共温泉施設があり、市民の方に親しまれています。

おわりに

武蔵村山市は、さまざまなお祭りやイベントなどを通して、住民同士の交流や健康、伝統を大切にしています。また、狭山丘陵がもたらす自然豊かな公園や、市内に点在する果樹園は地元住民の心を潤しています。武蔵村山市は自然の恵みと生活が調和している街と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加