2015.04.14住宅事情・用途 , 港区

港区の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

港区は昼間人口数が23区中1位の約88万人で夜間人口(居住者数)との差は約4倍あり、事業所数も一番多い区となっています。駐日大使館や領事館も約80カ国が区内に立地しており、外国人居住者は人口の約1割を占めています。屋敷跡の多くが東宮御所や迎賓館(赤坂離宮)、芝公園、白金台の自然教育園、青山霊園など、区内の大規模な施設などに継承されており、都心にありながら自然環境が豊かです。また港区は、青山・赤坂・六本木などの商業エリアや麻布・白金台などの住宅街、汐留・台場などの大規模開発地区など、エリアによって趣が異なり、多面的な面を持つ区と言えます。

人気エリア1 高輪エリア

白金台や三田、高輪など、大きな屋敷の多い閑静な住宅街が広がるエリアで、東京都庭園美術館や自然教育園、高輪森の公園などに代表される緑豊かなスポットも多いところです。聖心女子学院や明治学院大学、北里大学や東京大学医科学研究所などの附属病院も併設する広大な文教施設も点在し、住環境とともに教育面や医療面でも充実した環境となっています。

人気エリア2 麻布エリア

麻布エリアは、都心の一角にある住宅街として高い人気を集めています。特に南麻布・元麻布一帯は東京随一の高級住宅街として知られ、高級マンションや広々とした邸宅が立ち並んでいます。交通アクセスのよさに加え、公園や緑のスポットが充実している点とインターナショナルな雰囲気が高く評価されており、人気の港区の中でも特にイメージの良いこのエリアは「麻布ブランド」ともいうべき、高いステイタスを誇っています。

人気エリア3 芝浦エリア

芝浦・汐留・台場などの大規模開発地区は、運河や海があり、水辺と緑に恵まれたロケーションです。高層マンションが建ち並ぶ芝浦アイランドなどもあり、近年は居住者が増えている地区でもあります。高層住居誘導地区指定によって誕生した高層マンションからは、都心方面や東京ベイエリア方面の美しい夜景を一望することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加