2015.03.23江東区 , 駅・商店街・イベント

もしも江東区に新築一戸建てを購入したら【駅・商店街・イベント情報】

local-information-of-koto-ku人口約48万人の江東区は、隅田川と江戸川に挟まれ、水と緑の多い街として知られています。隣接する墨田区は江東区と特に結びつきが強く、2つの区を合わせて墨東地区と呼ばれることもあります。東京オリンピックに向け、近年目覚ましい進化を遂げているエリアです。
今回は、自然と伝統文化、そして高層ビルが共存する江東区の特徴と周辺情報についてご紹介します。

主要な駅・数多くの商店街・大きなショッピングモール

station-and-shopping-spot江東区を横断するJR総武線の亀戸駅は、多くの区民に利用されています。
私鉄では都営新宿線、東京メトロ東西線などが区内を走り、神社・仏閣の門前町として栄えた門前仲町駅周辺では、昔ながらの商店も充実しています。
江東区商店街連合会には38の商店街・商店会が加入し、その中でも特に砂町銀座商店街は、昭和の面影を強く残したショッピングスポットとして有名です。初めて訪れた方は、670mにも及び軒先を連ねる、店舗の多さに圧倒されることでしょう。
一方、近年では大型のショッピングモールも増えつつあり、豊洲の「ららぽーと」、北砂の「アリオ」、木場の「イトーヨーカドー」、南砂町の「SUNAMO(スナモ)」や「イオン」なども多くの人で賑わいます。上記施設にはすべて大型駐車場が完備されているため、マイカー利用者も安心です。

祭り、地域のイベント情報

江東区内で行われるイベントとしては、「富岡八幡宮例大祭」が有名です。
富岡八幡宮例大祭は8月に開催され、江戸三大祭のひとつにも数えられています。たくさんのお神輿が街を練り歩く「神輿連合渡御」では、人々が時には消火用ホースを用いてお神輿の担ぎ手に水をかけるため、「水掛祭り」とも呼ばれ毎年大変な賑わいを見せます。
また、豊洲駅周辺で開催される「豊洲ワールドフェスティバル」も非常に大規模なイベントです。2014年度は10月に開催され、仮装した子どもたちの行列が街をかわいらしく盛り上げました。世界の民俗芸能や地元の人々のパフォーマンスを楽しむこともでき、年代を問わず多くの方から人気を集めています。
また「コミケ」の通称で広く知られるコミックマーケットも、江東区の東京国際展示場にて、毎年8月と12月に開催されています。コミック・ポップカルチャー関係のイベントとしては世界最大級であり、国内外問わず多くの来場者で賑わう様子は、多くのメディアの注目を集めています。アニメや漫画が好きな方は必見です。

江東区の名所について

江東区内には、江戸文化を後世に伝える史跡も残されています。
大島地区の中川船番所資料館、亀戸地域の亀戸梅屋敷などは、伝統文化に興味を持つ観光客で賑わいます。文化施設としては東京現代美術館も人気です。
また、2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技会場建設が予定され、急ピッチで開発が進む江東区南部の豊洲・有明地域にも、注目のスポットがたくさんあります。
東京国際展示場(ビッグサイト)、そして有明コロシアムでは、前述のコミックマーケットのほか、アイドルのライブやスポーツの全日本選手権など、大型イベントが頻繁に開催されています。さらに、世界最大規模の卸売市場として有名な築地市場の場内施設も、2016年を目途に豊洲へ移転することが決定しました。

おわりに

江東区の特色や周辺情報についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。
都心へ迅速にアクセス可能な立地に加え、暮らしやすいさまざまな要素を兼ね備えた江東区は、仕事とプライベート、どちらも重視したい家族に適したエリアであるといえるでしょう。
海浜や運河近くの広大な更地が、数年後には建物で埋め尽くされることも予想されます。若年人口も増加しており、2020年の東京オリンピック開催に向けて、今後も目が離せない地域です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加