2015.04.14住宅事情・用途 , 狛江市

狛江市の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

狛江市は東京都の多摩地域東南端に位置し、人口は約79,000人という全国で2番目に面積の小さい市です。
小田急小田原線の新宿駅から16番目の狛江駅を中心に栄えており、駅周辺にはスーパーやファーストフード店が立ち並ぶほか、商店街もあります。都会の喧騒とは一味違う住み心地が楽しめる地域と言えるでしょう。
狛江市の魅力は、緑の多さと治安の良さ、そして閑静な住宅街にあります。
周辺に大学が多いことから、地方から出てくる単身者も安心して暮らすことができます。
また、ファミリーで住んでいる世帯も多いのが特徴です。
ただ、住宅街は駅から少し離れているため徒歩10分以上の物件が多いですし、各駅停車しか止まらないため通勤や通学で多少の不便を感じることもあるかもしれません。

人気エリア1 狛江駅周辺エリア

当初の路線計画時には駅自体の計画がなかったそうですが、住民の要望で設置されたのがこの狛江駅。
狛江駅は狛江市の中心に位置しますが、駅周辺は住宅が密集していたために大規模商業施設やバスターミナルの設置が困難であった様です。
近年の路線高架事業に伴い、駅前再開発事業も行われ、駅前施設「エコルマ」および北口ロータリーが完成しました。
人気の小田急線を利用して「新宿」から20分圏内の狛江駅は周辺には市役所・図書館などの公共機関が集中しています、住まいの周辺には児童センターや郵便局・公園が点在し
利便性と落ち着きがほどよく調和した環境のよい住宅街が特徴です。

人気エリア2 和泉多摩川駅周辺エリア

駅周辺に賑やかというよりは落ち着いていて小さな商店街があり、昔ながらと行った感じの街です。
小田急線沿線なので、新宿へは直通で行けます。
また買い物の定番、下北沢や吉祥寺、渋谷にも30分程度で行けますのでとても便利です。
横浜、鎌倉、江ノ島方面へも行きやすく、電車で都心や行楽地へ向かえる利便性の良い街です。
和泉多摩川駅周辺からは歩いていける距離に多摩川があり、春は川沿いを歩きますと桜が満開で、夏場はいくつかの花火大会も見る事が出来ます。
夜は静かで落ちついているので、暮らしやすいといえるでしょう。

おわりに

狛江市の人口は約7万7千人とこじんまりしているものの、多摩川の自然に恵まれ、都心まで約20分と利便性の高い立地のため、子育て中のファミリー層が住みやすい街です。
情報誌によると、高齢者の一人暮らしを支援するサービスの割合が多く、様々な属性が入り混じる活気あふれる街の様です。
狛江市内は自転車さえあればどこにでも行くことができるので、行政機関も利用しやすく、街の情報も得やすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加