2015.04.06住宅事情・用途 , 小金井市

小金井市の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

東京都のほぼ中央に位置し、大学や研究施設がある文教都市です。
北側には法政大学小金井キャンパス、亜細亜大学、東京電機大学中学・高等学校などがあり、南側には東京農工大学小金井キャンパス、ルーテル学院大学、東京神学大学などが立地し、学園都市の雰囲気が濃いエリアです。公園も多いエリアで、小金井公園、浴恩館公園、梶野公園、栗山公園などがあり、街に緑の潤いをもたらし、美しい景観をつくっています。桜の名所として名高いスポットである小金井公園は、「日本さくら名所100選」にも選定された東京有数の桜の名所として知られています。都立公園としては最大規模を誇る広々とした園内には、約1,700本もの桜が植えられているそうです。ちなみに園内の「江戸東京たてもの園」はジブリ作品の『千と千尋の神隠し』のモチーフにもなっており、そのスタジオジブリも小金井市にあり、宮崎駿氏は名誉市民となっています。

住宅相場等

市内のほとんどが住宅地であり企業が少ないベッドタウン型の市で子育て世代にとても適したエリアと言えます。
新築戸建でも3,000万円台後半~4,000万円台の物件が多く、23区内の中央線沿線に比べると購入し易い価格帯の物件が出てきますが、駅徒歩10分圏内は比較的物件が少なくなりますので、駅徒歩15分~20分くらいのエリアがメインになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加