2015.04.17住宅事情・用途 , 日野市

日野市の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

東京都のほぼ中央に位置する日野市。多摩川と浅川の清らかな流れ、さらに市内に100カ所以上あるといわれる湧き水など、水の恵みと豊かな緑が特徴となっています。多摩川、浅川から引いた用水路が網の目のように張り巡らされており、そのひとつである高幡不動駅近くの「向島用水親水路」は、自然と触れあえる憩いの場として親しまれています。さらに、豊田駅近くの湧き水を整備し親水化した「黒川清流公園」では、雑木林の中で天然の水遊びを楽しめるとあって、他の街からも人々が遊びにやってくるほどの人気のスポットとなっています。
かつて甲州街道5番目の宿場町「日野宿」があったこの地は、現在も甲州街道が走り車利便は良好。市内には、JR中央線と京王線、多摩モノレールが走り、日野駅、豊田駅から東京駅へは1本で行くことができます。豊田駅北口では再開発が進行中で、さらなる発展が期待されています。
また、日野市は新撰組副長の土方歳三や井上源三郎らの出身地で新撰組のふるさとしても知られており、毎年5月に市内で開催される「ひの新撰組まつり」は全国各地からの参加者と多くの見物客で賑わいます。

日野市では交通の便が比較的豊かの様です。電車では京王線と京王多摩動物公園線とJR中央線と多摩都市モノレールが通っています。

人気エリア1 京王線エリア

京王線では平山城址公園、南平、高幡不動、百草園という駅があります、特に高幡不動駅は日野市の中で唯一の特急、準特急の停車駅になります。
高幡不動駅は多摩都市モノレール、京王多摩動物公園線の乗換駅になり、周辺に大学のキャンパスが多いことから多くの方が利用しようしている駅だといえます。
バスに乗れば中央線の日野駅や立川駅、多摩市の聖蹟桜ヶ丘駅まで通っているので比較的交通の便もいいのかと思います。
京王多摩動物公園線は由来の通り多摩動物公園まで運行している電車になり、週末になると子供連れの方が多く見かけられます。

人気エリア2 中央線エリア

JR中央線では豊田駅、日野駅という駅があります。主要なのは日野駅になり、日野市役所へもこちらから徒歩数分で行けます。
日の駅ではバスで八王子駅や高幡不動駅や立川駅などまで運行している為、交通の便は良いです。

人気エリア3 多摩都市モノレールエリア

多摩都市モノレールでは甲州街道駅、万願寺駅、高幡不動駅、程久保駅があります、日野市を南北に走り北の主要都市立川、南は多摩センターとJR中央線と小田急線へ乗換が出来るので都心へのアクセスも良好です。

おわりに

日野市では子育て世帯への援助が充実しているそうです、その為か子育てしている世代の方が多く住んでいる様です。
公園等で幼稚園や小学校、中学校などの情報交換ができるのも日野市ならでは。
幼稚園・保育園・児童館が比較的多い様なのでまさしく子育て世代には打って付けの地域と言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加