2015.05.09駅・商店街・イベント

もしも江戸川区に新築一戸建てを購入したら【駅・商店街・イベント情報】

local-information-of-edogawa-ku江戸川区は葛飾区、墨田区、江東区の3区と隣接しており、区の東部は千葉県との県境になっている区です。2015年4月1日現在、人口は68万人を超えており、東京23区の区民の平均年齢が若い区の上位となっています。23区内では比較的公園が多いことが特徴であり、区民1人当たりの公園面積が23区内で一番広い区でもあります。
ここでは、江戸川区の主要駅や商業、地域のイベント情報などについてご紹介します。

江戸川区の主要駅と商業地

shinkoiwa-lumiere-mall江戸川区の主要駅は、小岩駅や一之江駅、葛西駅などです。小岩駅は北部、一之江駅と葛西駅はそれぞれ中部と南部の主要駅としての機能を果たしています。中でも1日の乗降客数が多いのは葛西駅であり、葛西駅は特に区内でもバスの路線数が多い駅となっています。
葛西駅の南東には区内最大級の商業施設である葛西リバーサードモールがあります。また、葛西には他にも店舗面積の大きい商業施設が点在しており、休日には多くの買い物客が区外からも訪れています。
江戸川区北部の主な商業地としては、新小岩ルミエール商店街を挙げることができます。新小岩ルミエール商店街は江戸川区と葛飾区にまたがる商店街であり、約140店が軒を連ねています。この商店街には下町の雰囲気も残されており、和菓子屋や美容院、古くから続く飲食店など、さまざまなお店が充実しています。
また、江戸川区は小松菜の発祥地として知られており、そばやアイスなど、小松菜を使用した郷土料理を味わえるお店が全域的に点在していることも特徴です。

江戸川区のお祭りとイベント情報

江戸川区は桜が有名な街でもあり、3月下旬頃には小松川千本桜まつりが都営新宿線東大島駅の付近で開催されています。南北約2キロメートルにわたり約1,000本の桜が植えられており、模擬店やステージイベントなどを楽しむこともできます。さらに船堀駅周辺にある新川では、千本の桜を植える計画が進められており、江戸情緒溢れる街並みが少しずつ再現されてきています。
8月になると、江戸川河川敷にて花火大会が開催されます。1万発を超える花火が江戸川区の夜空を彩るお祭りであり、毎年異なったテーマが設定されているため、年によって違った光景を楽しむことができます。江戸川区花火大会は、区外からも多くの観光客が訪れる一大イベントです。
また、浅間神社幟祭りや雷の大般若、葛西囃子など、伝統として古くから続けられているお祭りも、江戸川区にはいくつか見られます。

江戸川区の名所や史跡

江戸川区の葛西にある妙見島は、東京23区唯一の自然島です。南北は約700m、東西は約200mの幅であり、護岸工事が行われるまで川の流れで徐々に島が動いていたことから、かつては「流れる島」と呼ばれていました。島の北部には妙見神社があり、区内の名所として名が知れ渡っています。
また、篠崎浅間神社をはじめ、全域的に神社や寺が多いことも江戸川区の特徴のひとつです。関東三聖天のひとつである燈明寺や、歌舞伎俳優の墓が多く存在している大雲寺など、都外から観光客が訪れるスポットも少なくありません。
江戸川区北部で有名な名所としては、小岩菖蒲園が挙げられます。小岩菖蒲園は江戸川河川敷内にある回遊式の庭園であり、5月から6月にかけては5万本の花菖蒲が咲き誇ります。区内でも自然が多いスポットであるため、江戸川区のオアシスとして、訪れる人々の心を癒やしています。

おわりに

ここまで、江戸川区の主要駅や商業地、イベント情報などについてご紹介しました。江戸川区は東京23区の中でも落ち着いた雰囲気の街並みであり、静かな暮らしを実現しやすいエリアといえます。都心へのアクセスも悪くないエリアであるため、静かで便利な暮らしを送りたい方は江戸川区を選んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加