2015.02.09住宅事情・用途 , 文京区

文京区の住宅事情(建ぺい率・容積率・相場)や人気エリアをご紹介

housing_info

はじめに

文京区は犯罪発生率が低く安全で暮らしやすく、大学はもちろん多くの学校が集まっています。
医療機関や図書館も多く公共施設も充実しています。都心にありながら豊かな自然に恵まれ、歴史と文化の香る街です。
昔ながらの街並みと近代的な空間が調和する変化に富んだ環境が特徴です。
坪内逍遥、森鴎外、夏目漱石など多くの文人に愛されてきた街、それが文京区なのです。

住宅事情

住宅事情としては、前述のように都心にありながら閑静な住宅地もあり、また近代的な高層マンションが建ち並ぶエリアもありと様々です。
本郷、大塚、白山、護国寺、千石、水道、千駄木、本駒込などは戸建も定期的に発売されるエリアです。主には3階建ての戸建が主流となっており、その価格も15坪程度の狭小地でも6,000万円から8,000万円程度はします。
また、小日向台町は区内における高級住宅地として有名です。
タワーマンションは飯田橋・後楽園エリア、そして小石川エリアが一番人気でしょう。

おわりに

23区の中でも恐らく1番人気のこの文京区に住宅を、しかも所有権で持てれば最高ですが、その人気や環境・利便性と比例して、不動産相場も高いので、中々手に入れることが難しいエリアだと言わざるおえません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加