2015.01.23足立区 , 駅・商店街・イベント情報

もしも足立区に新築一戸建てを購入したら【駅・商店街・イベント情報】

local-information-of-adachi

東京の東北部に位置している足立区では、53.20平方キロメートルの面積に70万人弱もの人が暮らしています。葛飾区や北区、荒川区、墨田区と隣接しており、各地域への往来も盛んです。また、埼玉県と北千住も八潮市、草加市、川口市で隣接しています。
今回は、人々同士のつながりが強い地域として知られる、足立区の情報をご紹介します。

足立区の駅・ショッピング情報

kitasenju-station-and-shopping数々の路線が通る足立区内でも、特に5路線が経由する北千住駅は、常に多くの利用者であふれています。
北千住駅周辺には商業施設が多数立ち並んでおり、買い物をする際にとても便利です。西口周辺にはマルイや東急ハンズなどといったデパートもあるため、この地域だけで生活必需品は全てそろえることができるでしょう。また、東口側には税務署や郵便局、学校などの公共施設があるほか、いまだ下町の風情を残すたくさんの商店が軒を連ねています。都会の喧騒の中ではなかなか味わうことができない昔ながらの情緒を楽しめるのも、足立区ならではの特徴です。
 
 
 

足立区で開催される祭りやイベント

足立区の代表的な祭りとして、「あだち区民まつり」があります。足立区民まつりは荒川河川敷の虹の広場において毎年開催されており、A-Festaとも呼ばれる地元で人気のイベントです。足立区のオリジナルキャラクターが出演するステージや、食べ物や雑貨などの出店が並ぶバザー、子供向けの音楽・スポーツ体験コーナーなど、数々の催し物を楽しむことができます。
また、6月にしょうぶ沼公園で開催される「しょうぶまつり」は、花が好きな方に特におすすめのイベントです。美しいハナショウブを間近で鑑賞することができるほか、地域商店によって多数の模擬店が出されます。開催地のしょうぶ沼公園は、東京メトロ・JR綾瀬駅から徒歩1分の位置にあるため、アクセス面からみても参加しやすいイベントです。
また、竹ノ塚駅周辺では、12月に約70万球ものイルミネーションを用いた「光の祭典」が開催されます。竹ノ塚駅から元淵江公園に至る、およそ1.2kmの道が光であふれる光景は、とてもロマンチックです。

足立区の名所や旧跡

綾瀬駅周辺にある花畑大鷲神社は「酉(とり)の市」発祥の地と言われており、毎年11月の酉の日には多くの人々が訪れます。
また、大型の公園が多いのも足立区の特徴の一つです。中でも舎人公園は、63ヘクタールからなる広大な公園で、テニスコートや野球場なども設置されています。園内ではトンボやチョウなどのたくさんの生き物を見ることができるほか、桜が咲く季節に合わせて花火大会も行われます。バーベキューやフィッシング、キャンプを行うことも可能で、都内でありながら自然を満喫することができるスポットとして人気です。加えて、東武線梅島駅より徒歩すぐの場所にあるベルモント公園では、他の公園にはない異国の雰囲気を感じることができます。ベルモント公園は、足立区の姉妹都市であるオーストラリア・ベルモント市との友好を記念した公園です。そのため、園内にある赤レンガ造りのギャラリーには、オーストラリアの工芸品や日地用品が多数展示されています。

おわりに

足立区は東京都内としてはとても自然が多く、住みやすい環境の地域です。
近年では、足立区とその周辺において、つくばエキスプレスや日暮里・舎人ライナーなどの新たなアクセス手段が整備されていきました。もともと区の面積が広く人口も多いことから、足立区は地域全体として今後ますますの発展を見せていくでしょう。
都会的な利便性と下町的な情緒を併せ持つ足立区は、住宅地としてもうってつけの場所です。一戸建ての購入をお考えの方は、今回の記事をご参考に、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加