公務員で住宅ローンを選ぶ際のポイント・注意点

不動産お役立ちコラム

不動産お役立ちコラム

公務員で住宅ローンを選ぶ際のポイント・注意点

業務中の公務員

多種多様な職業の中でも「安定感のある職業」と聞けば真っ先に名前が挙がるのが公務員ではないでしょうか。原則的にはリストラがなく収入の安定している公務員は、住宅ローンの審査に通りやすいとも言われています。今回は、そんな公務員が住宅ローンを選ぶ際のポイントや注意点についてご紹介します。

公務員が住宅ローン審査に通りやすいのはなぜ?

安定した収入

冒頭でも触れましたが、公務員は民間の会社員や自営業、非正規雇用と比較して住宅ローン審査に通りやすい職業だと言われています。その大きな理由は以下の2つです。

安定した収入が得られるから

住宅ローン審査とは、言い換えれば契約者の返済能力についての審査です。ですから最も重視されるのは安定的な収入環境があるかどうかという点であり、その点で見ると公務員は高い評価を得やすい職業と言えます。

ボーナスや退職金が確実にもらえる

また、多くの職業では業績によって変動しやすいボーナスや退職金についても、公務員の場合大きな変動は少ないことが予想されます。その点も継続的な返済能力があるという評価がされ、住宅ローン審査に有利に働きます。

公務員で住宅ローンの審査が通らない場合とは

公務員は審査に通りやすいというのは事実ではありますが、もちろん公務員という肩書だけで審査が通るほど、住宅ローン審査は甘いものではありません。公務員でも審査に通らないことも起こります。よくあるケースを以下に3つご紹介します。

健康状態の問題

住宅ローン借り入れの際には、その多くの場合「団体信用生命保険」(以下、団信)への加入が条件となっています。団信とは、ローン契約者が返済中に死亡もしくは高度障害に陥った場合に保険会社に残額を補償してもらう保険です。これは一種の生命保険になりますので、その加入には契約者の健康状態が重視され、ひいてはローン審査の重要項目となります。

信用情報

各金融機関は審査の際、必ず個人信用情報を確認します。個人信用情報とは、クレジットカードやローンの契約などの信用取引に関する信用履歴です。この履歴に異動(いわゆるブラックリスト)や度重なる返済の遅れなどがあった場合、住宅ローン審査で不利に働きます。個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCと国内に3つの機関があります。不安のある方は一度自らの信用情報についてそれぞれ確認しておくと良いでしょう。

他への借り入れ

車のローンやクレジットカードのリボ払いといった他の借り入れがある場合、その分を考慮し、住宅ローンの借り入れ可能額が算出されます。つまり、既に大きな借り入れをしていればしている程、その上限は低くなります。審査に通ったものの希望金額を借りることはできなかったというのは、審査に有利と言われる公務員においてもよく見られるケースです。

公務員が住宅ローンを選ぶ際の注意点

審査に落ちるケースを踏まえた上で、次に公務員が住宅ローンを選ぶ際の注意点について見ていきましょう。

公務員の住居手当は持ち家には該当しない

これまで賃貸住宅に住んでいた方が一戸建てを購入する場合、最初に考えたいのは公務員の住居手当(住宅手当)が適用されなくなるという点です。一部、持ち家に手当が出る自治体も存在していますが、全国的に廃止の方向で進んでいます。住居手当が出る賃貸と、資産となる持ち家。生活バランスを考えた上で住宅購入の検討へと進みましょう。

低金利でサービス充実している住宅ローンを選ぶ

住宅ローンには大きく分けて「変動金利型」「固定金利型」の2種類があります。そのどちらを選択するかは、今後の返済計画を立てる上で大きなポイントです。ざっくりと言えば「変動金利型」は金利の上昇などリスクはありますが、借入時は固定金利型に比べて低金利で設定されています。反対に「固定金利型」は借入時の金利は一見高く見えますが、金利が変動するリスクがなく安定した計画を立てることが可能な住宅ローンです。

どちらが良いとは一概に言えませんが、公務員のような住宅ローン審査での評価が高くなりやすい職業であれば、優遇金利も受けやすく低金利の変動型を選択し、積極的な繰り上げ返済による支払額総額の減額を計画的に行うのも一つの方法でしょう。また、ローンによっては健康上の特約などさまざまなサービスが付随するものもありますので、それらをじっくりと比較し選択することも大切です。

公務員におすすめの住宅ローン「フラット35」

ここまで公務員の安定性についてご紹介してきましたが、これは言い換えれば大きく収入が下がることもなければ、上がることもないということです。つまり、先にご紹介した変動金利型によるリスクが大きなデメリットと映ることもあるでしょう。そんな方におすすめしたいのが全期間固定金利型の「フラット35」です。

フラット35とは

フラット35は、住宅金融支援機構と民間金融機関が連携して提供する、最長35年の全期間固定金利型の住宅ローンです。全国の金融機関から申し込むことができます。

フラット35の特徴

フラット35の最も大きな特徴は、全期間固定金利という点です。これにより返済額が一定で返済計画を立てやすくなるというメリットがあります。一方で将来金利が下がった場合でも返済額が変わらない、初期設定される金利が変動型に比べて高く、支払総額が高く感じられるというデメリットもあります。

公務員の方におすすめの理由

一般的に長期の返済計画を立てることとなる住宅ローンは、これからの生活で大きなウェイトを占める支出となります。その大きな支出を安定させるフラット35は、同じく安定性が強みの公務員と非常に相性が良いことは間違いないでしょう。計画性を重視し安定性を求める方であれば、おすすめしたい組み合わせです。

公務員の住宅ローンに関するよくある質問

住宅を購入すると住宅手当はどうなる?

住宅手当は、基本的に賃貸住宅を利用する際に発生します。そのため、持ち家になることで手当が発生しなくなります。しかし、例外的に一部では低額補助が認められていることも。組合によって対応が異なるため、自身の組合に確認するようにしましょう。

公務員だけの金利優遇はあるの?

以前は、民間の金融機関が提供するローン商品に公務員専用の金利が優遇されたものもありました。しかし、今は全体的に金利が下がったことにより、優遇処置は減ってきています。

フラット35の利用条件とは?

フラット35の利用条件として、申込時に満70歳未満であること、日本国籍を有していること、返済負担率が基準以下であること、借入額の使途は申し込み本人または親族が居住する住宅のみに限られることです。

フラット35も、団体信用生命保険の加入が必須?

フラット35は、団体信用生命保険への加入は任意です。そのため、加入しなくても利用は可能です。しかし、もしものときのことを考え、できる限り加入することをおすすめします。

フラット35を利用する場合、必要となる書類は?

借入申込書などの申し込み関連書類、本人確認書類、所得を証明する書類、物件に関する書類、団体信用生命保険に関する書類が必要です。

おわりに

今回は公務員の方が住宅ローンを選ぶ際のポイント・注意点についてご紹介しました。その基本はどの職種であっても変わりませんが、審査の面で有利に働きやすい公務員だからこそ、その強みをしっかりと抑え、それぞれのライフスタイルに合った住宅ローンを選ぶことが大切です。人生の一大イベントになり得る住居購入。計画的に納得のいく形を選んでください。

お電話でのお問い合わせ

リビン練馬本店
フリーダイヤル0120-009-808
平日 09:00 ~ 21:00 / 土日・祝祭日
8:30~21:00(水曜定休)
リビン杉並店
フリーダイヤル0120-955-029
平日 09:00 ~ 21:00 / 土日・祝祭日
8:30~21:00(水曜定休)
どんな些細な疑問でも、お気軽にお電話ください!懇切丁寧にお答えいたします!

新築一戸建て 中古一戸建て
土地 マンション
仲介手数料無料
「住宅の基礎知識」編
「駅から徒歩○分」表示は、何を基準に?
坪のお話
容積率について
免震住宅・制震住宅・耐震住宅の違いとは
現状有姿売買ってなんですか?
何が違うの?リフォームとリノベーションの違い
液状化とは?液状化現象のメカニズムと液状化対策
スマートハウスに欠かせないHEMSとは?HEMSのメリット・デメリット
シックハウスとは?シックハウス症候群の原因物質と対策
省エネルギー住宅ってどんなもの?省エネな建築構造と省エネ住宅の選び方
ホームインスペクションとは?住宅診断は新築購入前に必要か
オール電化のメリット・デメリットは?一戸建て住宅で後悔しない購入術
【災害に強い家】地震に強い家の構造や地盤の選び方を知ろう
新築一戸建てを購入するなら検討したい!便利で快適な、おすすめの住宅設備
「住宅選びのコツ」編
ネットで「安い」物件をお探しになる上での注意点
注文住宅建築における注意点
人気の高層タワーマンションの注意点
旧耐震と賃貸アパートの例から見る中古住宅の選び方
中古物件
詐欺紛いの行為
物件購入の際のポイント
情報完全公開の必要性
建売住宅と注文住宅のメリット・デメリット
ホームインスペクション(住宅診断)の必要性
空き巣対策は防犯住宅選びから!一戸建ての防犯チェックポイント
空き巣対策は防犯住宅選びから!マンションの防犯チェックポイント
新婚の間取りはどうする?新婚の新居(一戸建て)の選び方
ローコスト住宅の評判はどう?ローコスト住宅が安い理由と問題点
マンションの耐用年数は?マンションの寿命がきたらどうする?
家を購入するなら土地選びから。土地を買うときの注意点とは
老後の住まいを充実させる、セカンドライフに最適な住宅の構造アイデア
新築戸建て物件探しのコツはこれだ!物件見学チェックポイント7つ
建売住宅には値引きできる時期がある!?値引き交渉の注意点
玄関に土間のある家に住もう♪良い間取りを見極めるポイントは?
大手だったら任せて安心?信頼できる不動産会社の選び方
子育てしやすいのはマンション?戸建て?【マンションのメリット】
子育てしやすいのはマンション?戸建て?【一戸建てのメリット】
東京都内の子育てしやすい街は?ファミリーで住みやすい街を見つけよう
埼玉県内の子育てしやすい街はどこ?エリアの特徴や支援制度を知ろう
練馬区の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
西東京市の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
東久留米市の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
板橋区の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
豊島区の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
文京区の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
北区の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
武蔵野市の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
新宿区の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
所沢市の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
和光市の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
新座市の不動産を探そう!住みやすさ・子育て環境をチェック
大泉学園駅周辺の住みやすさは?不動産を探す前に子育て環境もチェック!
東久留米駅周辺の住みやすさは?不動産を探す前に子育て環境もチェック!
ひばりヶ丘駅周辺の住みやすさは?不動産を探す前に子育て環境もチェック!
石神井公園駅周辺の住みやすさは?不動産を探す前に子育て環境もチェック!
「仲介手数料」編
売主直売のデメリットを考えると仲介会社に仲介手数料を払う方が得?
仲介手数料、決まった額ですか?
不動産の売買に関する仲介手数料の相場はいくら?計算方法は?
不動産購入時の仲介手数料とは?上限や仕組みを理解しよう
家を買うなら注目!仲介手数料が無料・半額になる条件
中古マンションを安く購入する、火災保険や仲介手数料の見直し方法
仲介手数料が無料?不動産売買時の仲介手数料が「なし」になる理由
不動産取引の仲介手数料に消費税はかかる?非課税になる場合とは
【仲介手数料まとめ】仲介手数料とは?仲介手数料を無料・半額にする方法
不動産売買時の仲介手数料、法律で決まっているのは上限だけってホント?
両手仲介とは?仲介手数料の両手は違法なのかを解説
不動産売買の仲介手数料の支払い時期はいつ?仲介手数料発生のタイミング
仲介手数料をローンに組み込むことはできる?諸費用ローンとの違いは?
売買仲介手数料無料のデメリットは嘘だった?営業マンが語る真実
新築戸建ての仲介手数料は無料にできる?新築物件購入前に知っておきたいこと
「仲介手数料が高すぎる」と感じる方必見!仲介手数料が高い理由とは
不動産売買時に仲介手数料を値切ることはできる?交渉のタイミングは?
注文住宅に仲介手数料がかかる?諸費用の注意点!
ハウスメーカーの土地探しで仲介手数料を節約する方法
不動産売却の仲介手数料はいくら?費用は何のため?
不動産売買契約書に必要な仲介手数料の収入印紙金額や負担について
ローン特約による売買契約解除の仲介手数料の支払い免除とは
マンション売却時の仲介手数料はいくらかかるのか?
手付解除の売買契約解除で仲介手数料はどうなる?
宅建業法で規定されている仲介手数料の上限はいくら?
新築で仲介手数料がなぜ必要?トラブルを未然に防ぐ方法とは
「住宅ローン」編
多様化し始めた、住宅ローン
住宅ローン業務代行手数料?
0.1%でも安く
40歳代で家を買って住宅ローン・・・頭金や審査は大丈夫?
一戸建て・マンションの購入と年収の関係性
マイホーム購入計画を立てよう!住宅ローンなど資金計画の立て方
住宅ローンの返済比率の理想は?住宅ローンと年収の関係
マイホーム購入に頭金は必要?頭金なし住宅ローンについて
長期固定金利住宅ローン「フラット35」の仕組みとメリット
初めての住宅ローン、 申し込み手続きの流れや必要書類は?
住み替えたいときに住宅ローンの残債があったらどうする?
住宅ローンに火災保険は必須なの?火災保険の必要性
住宅ローンが通らない・落ちた…を回避!知っておきたい審査基準と対策法
住宅ローンは保証料が必要?ローン手数料などの諸費用について
住宅ローン控除の控除額はいくら?仕組みや条件を知ろう
住宅ローンは繰り上げ返済するべき?子どもがいる世帯のローンの組み方
住宅ローンの金利タイプは?固定金利・変動金利の選び方・計算方法
元利均等返済とは?住宅ローンの返済方法を決めよう
定年後の住宅ローン返済が不安な方へ。老後破産しないためのチェックポイント
住宅ローン代行手数料って何?支払わなくちゃいけない?
年収400万で住宅ローンを借りるのに適正な借入額は?頭金なしは無謀?
独身で住宅ローンを組む際の審査ポイント・注意点
住宅ローンで収入合算する方法やメリット・デメリット
独身女性の住宅ローン審査について知っておきたいこと
自営業者におすすめの住宅ローン「フラット35」とは
公務員で住宅ローンを選ぶ際のポイント・注意点
45歳で住宅ローンを組むのは遅いのか?条件・ポイントについて
派遣社員は住宅ローンを組める?審査の条件やポイントについて
「契約・法律」編
土地の境界について
瑕疵担保責任について
守秘義務について
土壌汚染と不動産仲介の留意点
土壌汚染について注目すべき判例
日照権とは?眺望権・採光権・通風権など相隣関係の権利について
環境権とは?家を建てるなら知っておきたい生活環境を守る条例
「不動産にかかる税金」編
家(新築一戸建て・マンション)の購入時に損をしない税金の話
家(新築一戸建て・マンション)の売却時に損をしない税金の話
バリアフリー住宅とは?バリアフリーリフォームの減税制度について
太陽光発電のメリットは減税!省エネリフォームに関する減税制度
ゼロ・エネルギー住宅とは?ZEH(ゼロエネルギーハウス)の補助金
エネファームとは?補助金が出るエネファームの仕組みとメリット
新築住宅には地震対策を!耐震補強工事に関する耐震リフォーム減税
二世帯住宅で税金対策?新築前の資金計画で知っておきたい特例制度
ビルトインガレージの固定資産税はいくら?ガレージハウスの税金
すまい給付金の対象者は?年収などすまい給付金制度の条件
住宅ローン控除に必要!新築の不動産を購入した際の確定申告
新築不動産の購入前にチェック!税金や諸費用について
増税後に住宅購入すると損?「住宅ローン減税延長」のポイント
固定資産税はいつ・いくら払う?新築購入時の固定資産税について
登記費用の相場はどのくらい?登記に必要な登録免許税とは
中古物件に消費税はかからない?中古住宅購入時に必要な諸費用
住宅取得時の贈与税とは?贈与税が非課税になる条件を知っておこう
【税金まとめ】新築購入にかかる税金は?消費税や減税制度をチェック
【税金まとめ】中古住宅にかかる税金は?消費税や減税制度をチェック
「不動産用語」編
道路についての用語集
建物の構造に関する用語集
建築基準法関係の用語集
税金に関する用語集
資金計算・住宅ローンに関する用語集
建築面積・延床面積・投影面積・施工面積など面積に関する用語集1
建築面積・延床面積・投影面積・施工面積など面積に関する用語集2
「リビンからのお得情報」編
自己資金0円でどうぞ!
3階建て4LDK住宅のすすめ
土地+注文住宅のご提案
未公開物件について
住宅(一戸建て・マンション)購入の価格交渉はお任せください
「不動産売買の費用」編
新築と中古はどちらが得?住宅購入時の諸費用の違い
譲渡所得とは?不動産売却時にかかる税金を知ろう
マンション購入後にかかる費用って?管理費、修繕積立金について
住宅ローン、何歳までに完済する?無理のない資金計画の立て方
家を売りたい方必見!不動産売却時の手数料や諸費用の内訳
諸費用ローンとは?住宅購入時に現金がない場合の対応策
【住宅購入費用まとめ】家を買う際の諸費用を安く抑える方法とは
中古住宅のホームインスペクションとは?メリットや費用について
【売却方法・費用まとめ】家を売却する際の流れや税金・手数料について
中古マンションの登記費用相場はいくら?自分でやると安くなる?
中古住宅購入の諸費用が計算できるシミュレーションツール4選
不動産を売却する諸費用はいくらかかる?その計算方法とは
不動産売買の司法書士はどちらが用意?費用相場はいくら?
中古マンション購入にかかる諸費用はいつ、どれくらいかかる?
新築住宅にかかる火災保険料の相場
意外とかかる建売住宅の購入時に必要な諸費用について
「その他のお役立ちコラム」編
30歳代で一戸建て・マンションを購入する人が増えている?
立体的国土計画で容積率アップを!
家を買うベストタイミングはいつ?住宅購入時期の考え方
新築一戸建て購入を後悔しない!失敗しないための7つの心得
売買契約時に注意点もあるけどメリットも!建築条件付土地とは
中古戸建て・マンション購入時に値引きはできる?価格交渉の方法
家を売る手順は?不動産売却の流れ・期間をチェック
家を高く売るにはどうすれば良い?売却査定の方法や注意点
個人間で不動産売買をするメリットとデメリット
ページの先頭へ
リビン株式会社
フリーダイヤル 0120-009-808
仲介手数料無料の不動産売買 東京全域